家庭での処理が危険な理由

デリケートゾーン脱毛を家庭で繰り返している人は、慣れてしまい特に危険性を感じない人もいますが、初心者ほどデリケートゾーン脱毛は危険がいっぱいです。

夏前に初めて挑戦する人は、失敗してしまうと取り返しがつかなくなるかもしれないので気を付けましょう。

どこまで処理してよいかわからなくなる

初めて処理をする場合、どこまで剃ってよいのか、脱毛すべきなのかわからなくなることがあります。やりすぎてちょっと恥ずかしいくらいなくなってしまったということもありますので、処理をする前に、目指すアンダーヘアの形を決めておくと良いでしょう。

スクウェア、トライアングルなど家庭での処理用に型紙を売っているサイトもありますので、どこまでしてよいかわからなくなりそうな場合は、型紙を参考にしましょう。

チクチクが逆に気になるようになった

カミソリを使って処理する場合に多いのが、伸びかけてきた毛の問題です。これが最も困ることですが、伸びかけの毛がいが栗の針のように下着や水着からはみ出てしまうことがよくあります。逆に目立ってしまいますよね。

さらにデリケートな部分を刺激し、チクチクもぞもぞしてしまうことも多いのです。

かゆみを感じるようになった

これも処理してから数日後の伸びかけの時期に多いのですが、とにかくかゆくなります。夏場は特にかゆみが発生しやすいのですが、場所が場所であるので頻繁に触るわけにもいかず、でも気になってしかたないというどうしようもない気持ちで過ごさなければなりません。

処理してすぐは良いのですが、その数日後にだいたいトラブルに見舞われることが多いのです。

デリケートな部分だからこそクリニックへ

そのようなトラブルを起こさない方法は、やはり専門のクリニックに行くことです。クリニックであれば、万が一肌トラブルが起きたとしても、専門医がしっかり対応してくれますので敏感肌の人は特に安心です。

デリケートな部分で問題が起きるとどうしても気になってしまい仕事や他の事にも差支えが出ますので、安心安全な方法をとることをおすすめします。